2010年09月12日

一週間後はメダロットオンリーイベント

 というわけで宣伝。告知サイトはこちら。
 去年のオンリーイベント、知恵と勇気に架ける橋には参加できたのだけど、今年は諸事情により見送り。
 個人的に最も興味があるのはロボトル大会でもオエバトでもなく、ジャンケン大会。俗物と言われそうだがまあ、しかたない。
 いや、どんな景品が飛び出すのだろうね。中身はスタッフのみぞ知る、といったところかなあ。あとはオエバトのイラストから絵師の方の意向により一部が出るのかな。
 それから言うまでもないかもしれないけど、イベントの諸注意は必ず読むこと。特に注意したいのが途中退場、忘れ物の関係だろうか。前者は知っておかないとスタッフが困るし、後者は知っておけば後々自分が助かるかもしれない。
 ともあれ、参加する方々には楽しんできてほしい。私は参加レポートを楽しみにしていよう。
posted by ゆーぱち at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

メダロットDS大会の宣伝

 http://www.medarotsha.jp/event/
 メダロットDSの大会が七月三十一日に開催される模様。大会の詳細については上記のリンクや、原作者のウェブページであるほるまりんの社長ブログなどで取り上げられているので、そちらを参照して欲しい。
 ただ少し気になることがあって。

 今回の大会は、参加資格に年齢制限がありません。
 小さなお友達から、大きなお友達まで歓迎だそうですよ。(ほるまりんの社長ブログより引用)

 年齢制限をしないのは良い。ただ、年齢別で部門を設けるべきではないか? それとこれは私の経験則だが、子どもにとっては大人の間に入るとそれだけでストレスになる。私にはどれだけの人数がやってくるのか、どの年齢層がどう集まるのか予想しがたいが、トラブルの元になりそうな気がする。入場制限をかける場合もあるとのことだが、果たしてそれだけでおさまるのかどうか。
 なのでここを見ている大人の参加予定者がおられたら、意識して子どもに目を配っていただきたい。アニメでひよこ売りも言っていた。子どもの遊びを見守るのは、責任を果たせる大人でなければ、と。もっとも、ロボトルで手加減をする必要は無いと思う。暴れるならロボトルで、だ。
 次に。こちらはおそらく子ども向けの注意になるのだが。
 一番上のリンクから行けるページにあるように、自分のDSは必ず充電を十分にして持って行こう。「充電器を持っていって、電池が切れたら会場のコンセントを使って充電すればいいや」と思ってはいけない。それは盗電(とうでん)や借電(しゃくでん)と言って、どちらもお店の人たちの迷惑になる悪いことだ。怒られても文句は言えない。
 もし持っているDSが古かったりして電池切れが心配なら、乾電池式の充電器を持っていくと良いだろう。アマゾンだとあまり見つからなかったので、楽天へのリンクを貼っておく。あと買うときは必ず大人の人に一言相談すること。それから買うなら早めに。いくら注文しても、大会までに手に入らなかったら目も当てられない。
 今のところ思いつく注意点としてはこんなところだろうか。この大会がうまくいけば今後私の住んでいる場所の近くでも大会が行われるかもしれないので、スタッフ、参加者ともに頑張って欲しい。いやホント。
 では、参加者の健闘を祈る。あ、あと参加した方は大会の後セッティングを公開してもらえるとうれしいな。

※誤変換修正。(29日18:04)
posted by ゆーぱち at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。