2010年09月10日

昨日の今日と架空の明日

 タイトルがどこか痛々しいのは気にしない。
 いや何かというとね。昨日の夜、「最近のひとこと」の文章を“東方無限螺旋の続きが気になってしょうがない。”としたわけなんだよ。
 昨日だよ、昨日。
 で、今日アクセス解析を見たら、こんな検索ページに行きあたった。
 続きを読む
posted by ゆーぱち at 22:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

デザインを変更

 デザインをSeesaaのテンプレートにある、両サイドバー型のライトグレーに変更。リンクにも小細工して、常にアンダーライン表示、通常は青、すでに訪れたことがあるなら緑で表示されるようにしてみた。以前よりも殺風景になった感があるけど、暗い感じはある程度軽減された、のかな?
 いや、難しい。やっぱり殺風景なんだよね。かといって派手にすると字が読みづらくなるし。どうしたものやら。今のウェブページ作成スキルだとこのあたりが限界か。また思いつき次第ちょくちょくいじってみよう。
 あと、下に以前の記事のスクリーンショットを置いておく。主に自分が見返すために。
pre.jpg
posted by ゆーぱち at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

少し寒々しい気がしてきた

 天気のことでないのは言わずもがな。じゃあ何かって、このブログの配色。
 適当に広告やバナーを貼り付けておけば何とかなるかな、と思っていたんだけど、そう甘いものではないらしい。基本的に青いからなあ。落ち着く色合いではあるんだけど、どうも暗い印象をぬぐえない。
 なので、近々ブログのデザインを変更する予定。スタイルシートやHTMLを大々的にいじるようなスキルはないので、Seesaaのテンプレートから選ぼうと思う。
 さて、何が良いのか。
posted by ゆーぱち at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

今日はメダロットトレカプレゼントの応募締切日

 メダロット辞典@wikiのトップにもある(八月三十一日午前零時四十一分現在)通り、今日八月三十一日はメダロットトレカ限定プレミアムパックの応募締切日。当日消印有効なのでまだまだ間に合うぞ。ただしメダロットDSの取説を見る限り、応募券をただ貼っただけじゃダメなようなのでご注意をば。質問に全て答えなきゃダメなんだとさ。まあ、一つ二つの抜けくらいなら見逃してくれるでしょう。多分。
 ……なんかだんだん不安になってきたな。ちゃんと全部答えたっけか。質問の見逃しとか、ないよなあ。まあ書きたいことはちゃんと書いたはずなのでそれでいいか。
 ああ、それとこのメダロット辞典@wiki、メダロットに関する情報なら大抵載っている、まったくもって攻略本を扱っている出版社や古本屋泣かせ……、もとい、攻略本にひけをとらないサイトなので、メダロッターなら一度目を通しておいて損はない。もう知ってるよ! という方が大半なのでしょうが一応、宣伝を。
 あと最後に。編集の方々お疲れさまです。
posted by ゆーぱち at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

ひとだんらくとのことで

 メダロットの漫画について。ほるまりんの社長ブログを読む限り、予定通りの連載を終えた模様。私は公式ページに載っていた分しか中身を見ていないので多くは言えないのだけど、とりあえずこれだけ。
 ほるまりん先生、お疲れさまでした。

あ、単行本になるって話じゃないからね。
(中略)
単行本にしやすい画策をしておいただけ。(ほるまりんの社長ブログより引用)

 それだけでも大変ありがたいことです。あくまで私にとってですが、一つの作品のためだけに雑誌を買うことは、もろもろの事情でなかなかできないものなのです。

※追記。確認する限り、公式ページにあった漫画(第一話)は現在削除されている。きちんと確かめておけばよかったと反省。またこれにあわせて文面を修正。(同日14:31)
posted by ゆーぱち at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

今のところのメダロット

 大会が終わって、レポート記事がちらほら出てきた模様。入賞された方、おめでとうございます。子どもの人たちへ、ロボトルは楽しかったですか? ともあれ、参加された方々、スタッフの皆様、お疲れさまでした。色々な意味で、「次」があると期待しております。
 ひるがえって私の方なのだが、今ようやく公園の隕石イベントまで終えたところである。まだまだ対人戦は先の話になりそう。もうちょっとパーツやメダルのコンプリート、育成が楽だとうれしかったかもなあ。
 そういうわけで、ということでもないのだけど、次の記事では先日出したアンケートはがきに書ききれなかった、今作「メダロットDS」について思うところを書く。補足の意味も込めて。
 よし、これでなかなか書き出せなかった自分を追い込めるぞ。
posted by ゆーぱち at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

文庫本のジレンマ

 文庫本って、いいよね。
 まず同じ内容のハードカバーより大抵、安い。それに小さいから場所を取らない。電子化されたものにはかなわないだろうけど、私はそれらしきツールをまったく持っていないので、今は脇に置いておく。
 ところで。人間同じ読むことをするのであれば、なるたけもの珍しいやつのページをめくりたいと思うものだと思う。でも文庫化されているということはすでに多くの人が目を通している、ということになるわけで。ううむどうしたらいいやら、というのがタイトルのジレンマ。珍しいやつは価値がセットでついてくる、という。
 ここから余談。
 古本屋に行けば安い値段で珍しい本が手に入るのだろうけど、それだとおそらく著者に金が落ちないので今のところ敬遠している。さすがに絶版になってしまった本は古本屋を頼るけどさ。
タグ:読書
posted by ゆーぱち at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

来訪者と解析ツール

 ウェブサイトを運営されている方なら分かると思うのだが。ネットのツールにはアクセス解析というものがある。たとえばこのブログなら、Seesaaの管理画面にて用意されている機能で時間帯ごとのアクセス数などを調べることができるようになっている。それだけでなく、どういう検索ワードでこのブログがヒットしているかなども知ることができる。
 他にも色々と調べられるのだけど、ここで話に出したいのは検索ワードだ。
 まず。「iPhone」と「ポケモン」のand検索でいらした方が何人かおられるようなのだが、今のところこの二つについてはしばらくピックアップしないつもりでいる。いやどちらも詳しくないので記事にできない、と言った方が正しいのだが。ともかく、あの思いつき以上のことは書けない。誠に申し訳ないが、ご了承いただきたい。より詳しい情報は、他をあたって入手してほしい、ということで。
 それからメダロットDSと感想のand検索でいらした方もいるようだった。こちらについては、なにがしかの記事にしたいと考えている。あの紹介記事はやや不足のあるように感じるし、あれを書いてからまた時間が経っているので。確約はできないが、メダロットを知らない人たちを対象にした、メダロットのキモであるロボトルについての記事を書こうと思っている。公開は、七月中にできれば良いだろうか。
 次に半分告知のようなものを。このブログでは、記事に修正を加えたときは大体下に注意書きを入れるようにしている。ただ面倒なので、公開からあまり時間の経っていない文面については注意書きを省いている。基本的に、公開から一時間以内に修正した場合がこれにあたる。
 なのでもし修正が入っているのを見つけて、かつ下に注意書きがない場合は私がポカをやらかしている可能性が非常に高い。面倒でないなら、コメントなどで知らせていただけると大変ありがたい。
 ここから本音。
 うん、やっぱり、もう少し、記事の修正が簡単にできるといいのだけどなあ。
posted by ゆーぱち at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

『哀しい予感』を再読


哀しい予感 (角川文庫)

哀しい予感 (角川文庫)

  • 作者: 吉本 ばなな
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1991/09
  • メディア: 文庫



 タイトルにあるのは吉本ばななの作品で、角川文庫の方。ジャンルは純文学でいいのかな。再読、と言っても前に読んだのはかなり昔なので、一回読み終えたと言っても大きくは違わない。本当はただの感想でなく紹介記事にしたかったんだけども、どこをどう切り出したらいいものかまったく分からないので、やめた。どう切り出しても不足分が多くなりすぎる。そして不足を補うと今度は読む意味が無くなるので。
 まず。やっぱり世の中天才っているんだな、と思わずにはいられない作品。
 いや根拠はないが、これに似た作品はいくらでもあると思う。よく本を読む方だったらそれこそ星の数ほど挙げられるだろうと思う。でもそれは今だからなんだよな。これが出たのは――先に刊行された単行本を除けば――平成三年。今が平成二十二年だから、二十年近く前、だ。ここで文学が進歩してるだのしてないだのという議論をするつもりはない。そしてしたくない。けど。
 何だか哀しくなったよ、私は。
 これ以上はこの作品について何も言うまい。何が書かれているか気になった方、ぜひとも購入してほしい。ああそれと立ち読みで終わらせるのは禁止だ。手に取ったら必ずレジへ持っていくこと。裏を返せば、買う気がないのなら手に取らないことを強くすすめる。
 では、ご判断を。
タグ:読書 感想
posted by ゆーぱち at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

iPhoneとポケモン図鑑

 私の携帯電話のキャリアはauなのであまり関係ないのだけれど、今日からiPhone4の発売が開始されたようで。一度は使ってみたいんだよなあ。
 で、まあiPhoneでなくともいいのだが。こう、動物の姿をカメラに収めると、自動的にその動物が何であるか判定して、説明してくれるようなものは出せないのかな、と。できれば音声付きで。早い話リアルポケモン図鑑。あとあまり動かない虫とか、とまっている鳥とかでできると良い。いや、この虫とか鳥、見たことないけど一体何だ、って思う場面が多いんだよなあ。図鑑を持っていることなんて少ないし、後で調べてみようと思っても部分的に思い出せなかったりで、やっぱりその場で何か分かるとありがたいもので。
 さすがに全方向どこから撮っても判定できるようにする、なんてのは厳しいだろうから、虫だったら真上から、鳥だったら横から、あたりから始めるのが良い気がする。顔画像認識技術があるんだから、その応用でどうにかならないのかな、なんて考えているのだけど、どうなんだろうか。

※文面を少し修正。(翌日23:15)
タグ:思いつき
posted by ゆーぱち at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。