2010年07月29日

今更ながらゲーム『カードヒーロースピードバトルカスタム』紹介

 公式サイトは右のリンクから。http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiware/kchj/index.html
 カードヒーローのDSiウェア版。実質八百円。DSiウェアとして考えると高い部類に入るソフトだけど、その面白さを考えたら十分、安い。
 そのタイトルが示す通り、入っているルールはスピードバトルのみ。しかしそれにあわせて既存のカードにテキストの変更が入っている、廃止されたカードや新規に入ったカードがあるなどの調節がなされている。特に追加されたドラフト(注1)が楽しい。カード選びの駆け引きがたまらないんだよな。
 不満があるのはこのドラフトでカードを選ぶ際、先攻がどうしても有利になってしまうところだろうか。ここは何か一工夫が欲しかった。たとえば後攻だけは最初のカード選びの時、二枚カードを選べるようにする、とか。
 ともあれ、面白いことに変わりはない。『高速カードバトル カードヒーロー』をやって、面白いと思った方ならおそらくダウンロードして損はないだろうと思う。

(注1)ドラフト……あらかじめ決められたカードセットの中から一枚ずつカードを選んでいき、その場でデッキを作成して対戦する形式。ゲーム中ではドラフトバトルと呼称。マジック:ザ・ギャザリングのロチェスター・ドラフトに近いかも。
posted by ゆーぱち at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

書籍『ベン・トー』紹介


ベン・トー サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)

ベン・トー サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 作者: アサウラ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/02/22
  • メディア: 文庫



 前回が哀しい話だったので、今回は明るい話を。今読んでいるライトノベル『ベン・トー』を取り上げる。
 ジャンルはコメディ。一巻のあとがきによると作者はラブコメが書けないらしいのでラブを抜いてコメディにしたそうだ。ただ、この作者ならラブコメを書いても形になりそうな気がする。
 なお本記事を書いている時点では、このシリーズは六冊ほど出ているのだが、私はそのうち二巻目までしか読んでいない。コメントやトラックバックでの、未読部分のネタバレは避けていただけるとありがたい。また極力避けたつもりだが、記事の都合上二巻目までのネタバレが入る。この点もご容赦願いたい。
 続きを読む
ラベル:読書 感想
posted by ゆーぱち at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

書籍『センス・オブ・ワンダー』紹介


センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダー

  • 作者: レイチェル・L. カーソン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1996/07
  • メディア: 単行本



 本の紹介第二弾。先人たちによって紹介し尽くされている感のある本書なのだけど、負けずに宣伝してみたい。著者は『沈黙の春』を著したレイチェル・カーソン。国語の教科書で知ったという方は少なくないだろう。私はその中の一人である。
 まず本書は値段の割に、とても薄い。本文は七ページ目から始まって、五四ページ目で終わってしまう。しかもところどころに写真が入るから、ハードカバーの本の中でも、かなり文章量の少ない方に入るだろう。訳者あとがきによれば、これは著者が本書の内容をふくらませるより先に亡くなられたからだそうだ。
 しかし皮肉な話だが、だからこそこの本には読む価値があると信じる。特に幼い子を相手にする機会のある大人の方には、ぜひ一度目を通しておくことをすすめる。
 では次から、内容の紹介に入る。まずタイトルになっている、「センス・オブ・ワンダー」とは何か、というところからお伝えしたい。
 続きを読む
ラベル:読書 感想
posted by ゆーぱち at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

フリーゲーム『Noiz2sa』紹介

 弾幕に限らず、シューティングゲーム(以下STG)を敬遠しがちな方全般へおすすめできる弾幕STG。どのくらいおすすめかというと、STGをあまりやったことがない私でも気分転換に使える程度におすすめ。
 とりあえず下の動画を観ていただければおおよそどんなゲームか分かるかと思う。タイトルに「東方プレイヤーのための」とついているのだけど、東方、正確には東方Projectをまったく知らなくても観られる内容となっているので問題はない。

 ゲームは作者のウェブページからダウンロードできる。
 紹介されているものはWindows用のみだが、PSPやiPhoneにも移植されている模様。持っている方、遊んでみてはいかがだろうか。
 また動画でも少し触れられているが、このゲーム、一緒にソースコードがついている。使用言語はCとC++。STGを作ってみたいという方は勉強用に落としてみるといいと思う。……私もこんなのがつくれるようになりたいなあ。
 以降はこのゲームのコツを少し。少々ネタバレのような要素を含むのでご注意をば。また私の経験上のものに過ぎないので、実践してみて合わないと感じたらすぐに切り替えることをすすめる。
 続きを読む
ラベル:Noiz2sa STG
posted by ゆーぱち at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

書籍『「本当の自分」はどこにいる』紹介


「本当の自分」はどこにいる (PHP文庫)

「本当の自分」はどこにいる (PHP文庫)

  • 作者: 加藤 諦三
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/05/02
  • メディア: 文庫



 先の記事でも触れた、最近読んだ本である『「本当の自分」はどこにいる』について書く。
 この本はほぼそのタイトルの通り、「正しい自分探しをするために必要なこととは何かを説いた本」である。著者は加藤諦三という方で、早稲田大学名誉教授で心理学などを専門に研究をなさっている人物である。なお、本書からの引用部分は字下げおよび引用部分末尾にあるページ番号で示す。
 続きを読む
ラベル:読書 感想
posted by ゆーぱち at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

メダロットDS紹介


メダロットDS(カブトバージョン)(特典なし)

メダロットDS(カブトバージョン)(特典なし)

  • 出版社/メーカー: ロケットカンパニー
  • メディア: Video Game




メダロットDS(クワガタバージョン)(特典なし)

メダロットDS(クワガタバージョン)(特典なし)

  • 出版社/メーカー: ロケットカンパニー
  • メディア: Video Game



 最近読んだ本についての感想を書いていたものの、どうにも書き進められず。代わりにと言ってはあれだが先に今やり進めているゲーム、メダロットDSについて書く。途中まで進めた段階での紹介なので、記載内容に間違いがあるかもしれない。その場合はコメント欄などで知らせていただけるとありがたい。
 続きを読む
ラベル:メダロットDS
posted by ゆーぱち at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。