2011年09月09日

会おうと思うだけでいい

・はじめに
 数日前の話です。本当にちょっとしたことで、それまで何年も会っていなければ、連絡も取っていなかった旧友のもとを訪ねました。少しやせたかなと思いつつ並んで歩き、最近引っ越したというお宅にもお邪魔しまして、記憶にあります彼が住んでいたところとの違いにも驚かされました。ただでも話を進めると内面はあまり変わっておらず、そこでまた少し驚きました。こうも昔と同じように話ができるなんて、と。
 終始こんなものでしたので、別れるときもこれまた軽い。またいつか会いましょうや、という感じでした。
 それで。
 そんな感じではないかと思うのです。気の持ちよう、行動のあるなしだと思うのです。
 会える会えないなんてのは。
  
・そのわけ
 ここ最近になって、連絡手段、と言うよりも連絡先が増えました。
 フリーのメールアドレスは複数個所持していますし、携帯のメール、電話番号もあります。また個人への連絡手段と言い切れるのか微妙なところですがブログのコメント欄やtwitterのアカウントなんてのも一応、使えます。私との連絡を取りたければ、このうちどれか一つでも知っていれば良いということになります。
 そして会いたければ連絡してくれ、どの連絡先使ってもいいから、で済むのです。これは私から誰かに会いたくなった時も多分、同じことです。(注)
 僻地でなければ、移動手段も大体用意されています。いや、今はSkypeなんてものもありますから、そもそも移動する必要すら、なくなっているのかもしれません。
 
・からめて
 J−POPのネタで、日本人はどうも「会いたくても会えない」とか「会いたいけれどどうしたらいいのか迷う」という歌詞が好きらしいのですが。
 こんな今でも「会いたい」なんて嘆く必要があるのでしょうか。
 いや、嘆くことができるのでしょうか、と言った方が核心をついているかもしれません。会いたくなったら行動を起こせばいい、手段はある。そんな風になったのですから。
 もちろん例外もあります。相手が取りあってくれないとか、蒸発してしまったとか。しかし、どちらも行動を起こした後で嘆くことです。
 あと一つ、付け加えるならば。
 世の中の進歩は、時に残酷なんだなと思いました。
 
 
 
 (注):なお今回は知人を頼って旧友の連絡先を聞き出しました。
※関連リンク:J-POP一流アーティスト、「会いたい」と歌いすぎと話題に
ラベル:日常
posted by ゆーぱち at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。