2011年06月26日

JRPGはメタゲームなのか

・メダロットから考えた
 はい、というわけでタイトルの通りです。一昨日メダロットの戦闘などについてツイートしまして、それから少し考えたのですが。
 メダロットをはじめ、大抵のJRPGには戦闘がありますね。JRPGは戦闘に勝つことでお話を進めていく、言い換えればゲームを進行させていくものだと思います。たまに負けないと進めないというところもありますが、ここでは無視します。
 さて他方、JRPGではその戦闘を有利にするために戦闘以外の行動が起こせます。装備を整えたり、町の人から「あいつは水が弱点だ」みたいなことを聞いたり。
 つまり戦闘が一つのゲームであるとすると、その戦闘の有利不利をコントロールしたいがためにもう一つ、外側にゲームを置くという構造になっているのかなあ、なんてことを考えていました。あと公式ページなんかを覗きますと、ほぼ確実に戦闘、という項目があるじゃないですか。意図のあるなしにかかわらず、戦闘だけで一つのゲームを成立させようとしているのではないか、なんて思うのです。
 だから何なんだよ、と言われても特に言うことはないのですが、戦闘だけで一つのゲームが成立する、JRPGでは二つのゲームが含まれている、このあたりはおさえておくと何かの役に立つかもしれません。まあ、立たない可能性の方が大きそうではあるのですが。
タグ:思いつき
posted by ゆーぱち at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211987902

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。