2011年10月26日

もっとやれと思った『美少女を嫌いなこれだけの理由』

・うかつに突っつけないほどかわいい
 美少女。かわいいですよね。
 この本のイラストも例外ではありません。いやかわいいから美少女って呼ばれるんだよと突っこまれそうですがそれは置いておいて、作者もそんな風に感じているのかなと、この本を読んだ後に思いました。
 かわいすぎて、どこまでいじっていいものか、困った。
 と少し戸惑っているようにも見えました。
 続きを読む
ラベル:読書 感想
posted by ゆーぱち at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振り返ったら変える必要があった

・転換
 前回の記事について補足する必要が出てきました。
 こんなことを書いたのですが。
 ちゃんと中身を見て選ぼうよ。中の文章見ないで小説買ってどうすんの。これもイラスト買いとかそういうのと同じ何かかねえ。安易な方に流れるっていう。
 よくよく考えて振り返ってみたら、ちゃんと中身を見て買うことの方が少ないのでした。ライトノベルに限らず、カバーだけ見て本を買うことはザラですし、見るにしてもぱらぱらめくる程度です。ちゃんと中身を見て買うのはせいぜい参考書くらいのものではないかと思います。
 ということですので、タイトル買いやカバー買いは今後否定しないというのが、今の私の考えです。
posted by ゆーぱち at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

ライトノベルのタイトルが長文化したのは誰のせいなんだとか

・日記
 このライトノベルがすごい! 文庫の『美少女を嫌いなこれだけの理由』を読み始めました。読み終えた後、感想を書きたいと思います。
 
・本題
 さてここ数年の傾向として、ライトノベルのタイトルが長文化しているそうですね。先に挙げました『美少女を嫌いな〜』にしてもそうですし、読んだことはないのですが『僕は友達が少ない』、『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』などがあります。“ライトノベル タイトル 長文化”あたりで検索していただくと分かるのですが、理由としてはタイトルだけ見て買ってもらおう、タイトルだけで興味を持ってもらおう、といったところのようです。
 このあたりに触れまして。
 いやいや、ちゃんと中身を見て選ぼうよ。中の文章見ないで小説買ってどうすんの。これもイラスト買いとかそういうのと同じ何かかねえ。安易な方に流れるっていう。
 こんなことを考えました。
 しかし。
 この考え、どうも間違っている気がするのです。
 続きを読む
posted by ゆーぱち at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

レゴのレッドドラゴンを組み換え

・耳の後ろを掻いてくれ
 数ヶ月ほど前にレゴのレッドドラゴンを購入しまして、すぐに組み上げ。そのまま放置していたのですが、それではつまらないだろうということで。
 組み換えることにしました。
 rdgn02.jpg
 ご覧の通り四つ足のドラゴンですね。パッケージに大きな写真があります、二足で翼のついたモデル――こちらが本来のモデルです――よりも簡単なような気がします。お子さんなど、組み立てに慣れないけれど、大きなモデルを作ってみたい、という方にはこの四つ足のモデルから始めてみるのも良いかもしれません。
 なおどちらのモデルもきちんと組み方の載った冊子が入っています。もう一つ、巨人のモデルの冊子も入っていたのですが、挑戦するのはまだ先になりそうです。
 
・おまけ
 組み換える前のモデルの画像です。上から撮ったものなのでちょっとわかりにくいですね。もっと撮っておけば良かったと後悔しています。
 rdgn01.jpg
ラベル:LEGO
posted by ゆーぱち at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。